トップページへ戻る

介護サービスのご紹介

家庭での介護が困難な方、退院後にリハビリをしてから家に帰りたい方は、一定期間入所し、医学的管理のもとで看護、リハビリ、介護サービスを利用いただけます。また家族の介護疲れや冠婚葬祭等により一時的に介護が困難な場合、決められた日数を限度に短期入所療養介護サービスも利用できます。

ホームヘルパーが介護の必要な利用者様宅を訪問し、家事援助や生活相談・助言を行います。入浴や食事の介助のほか、身体介護、調理や洗濯、掃除、買い物なども含まれます。




居宅において、少しでも自立した生活ができるように、必要な車椅子等の福祉用具を、専門の相談員が心身の状況、希望等を踏まえた上で、適切な用具の選定、取り付け、調整等を行い貸与します。





家庭より施設へ通いながら日帰りで、リハビリテーション・入浴・食事・レクリエーションなどのサービスを利用できます。




看護師が主治医の指示を受けて居宅を訪問し、心身の機能の維持回復を目指すため、健康のチェック、助言や身体の清潔のケア等療養上の世話または必要な診療の補助を行います。


居宅で生活をしている要介護者の依頼を受け、その心身の状況や本人・家族の希望などから介護サービスの種類、内容、担当者等を定めた居宅サービス 計画を作成し、計画に基づいたサービスが提供されるよう各機関と連絡調整を図ります。

 

心身の機能の維持回復や日常生活の自立を図るため、理学療法士や作業療法士が主治医の指示を受けて、居宅においてリハビリテーションを行います。また、家族へも介護方法の指導や家庭でできるリハビリの指導なども行います。